目次を使ってみる

"no-img2″
sannin

melon~
今日は目次を使ってみるよ!!

"no-img2″
melon

お~楽しみ!!
だんだんブログが変わってくるねー

では早速「Table of Contents Plus」をインストール

Table of Contents Plus

プラグイン→新規追加→「Table of Contents Plus」で検索。
インストールする。

設定をしてみよう

プラグイン→インストール済みプラグイン→「Table of Contents Plus」の設定
ここから設定をしよう!!

■表示する場所

目次の表示場所を設定。以下の4つから選択。
最初の見出しの前(デフォルト)→ 第一見出しの上側
最初の見出しの後(デフォルト)→ 第一見出しの下側
トップ→            記事の最上部(記事タイトルの直下)
ボトム→            記事の最下部

■表示条件

いくつ以上見出しがある時に目次を設置させるのかを設定します。
2~10まで選択できますが、2つ以上見出しがある時に目次を設置させるよう「2」を選択!

目次が表示されないよ~
なんて時この設定より実際の投稿の見だしの数が少なかったりします。
実際私も最初よくわからず、設定して目次が表示されませんでした。
ですので、「2」を選択することをおすすめします。

■次の投稿タイプのときに表示

目次を設置する記事の種類を設定。

post 通常の記事
page 固定ページ
wpcf7_contact_form コンタクトフォーム

■見出しテキスト

目次のタイトルを設定。

●目次の上に見出しを表示
チェックを入れると目次のタイトルを表示。下の空欄に表示させる文字を入力。ex.「目次」
●表示非表示切り替えボタンのテキスト
チェックを入れると目次の開閉が可能になります。
●表示テキスト
開くボタンの表示文字。ex.「開く」
●非表示テキスト
閉じるボタンの表示文字。ex.「閉じる」
●初期状態非表示
チェックを外すと目次が開いた状態で表示されます。

■階層表示
目次の階層を表示させるか設定します。
■番号振り
目次に番号を付けるか設定します。
■スムーススクロール
目次をクリックした時に、滑らかにスクロールさせるか、一気に飛ぶか設定します。

目次の場所変更と非表示設定方法

記事ごとに目次を表示させる場所を変えたい時の指定方法を紹介します。

目次を表示させたい場所に以下の記述をするだけです。

[toc]

この記述をすると、[toc]を入力した位置に目次が表示されるようになる。

また、目次を表示させたくない時も簡単に指定できます。
本文中に以下を入力すれば目次は非表示になります。

[no_toc]

※[no_toc]の入力位置はどこでもかまいません。

目次を表示させる記事と目次を表示させない記事両方に対応可能になります。

参考サイト

表を作る「TinyMCE Advanced
スタイルシート見出しメーカー
好きな色を選んでCSSを書けちゃうので使いやすいかもぉ